よくあるご質問

会社法が施行されたと聞いたのですが、ポイントを教えてください。

株式会社などを規律していた商法は、急激な社会経済情勢の変化に対応するため毎年のように改正がされてきましたが、この度、体系的かつ抜本的な見直しが行われ、平成18年5月1日、「会社法」という新しい法律が創設されました。(これまで会社法と呼ばれていたのは、「商法(第2編会社)」と「有限会社法」と「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律」の3つの法律をまとめた俗称でした。)

この会社法の大きな特徴としては、中小企業や新たに会社を設立しようとする者の実態を踏まえ、会社法制を会社の利用者にとって使い易いものとするために、各種の規制の見直しを行ったという点があげられます。

主なポイントは以下のとおりです。

  1. 株式会社と有限会社を1つの会社類型(株式会社)として統合
  2. 会社設立手続きの簡素化(最低資本金制度の撤廃、類似商号規制の撤廃、発起設立における払込金保管証明書制度の撤廃など)
  3. 会社の機関設計(取締役の員数や監査役の設置など)の自由化
  4. 役員の任期が最長10年まで伸張できる。
  5. 新たな役員類型(会計参与)の創設
  6. 新たな会社類型(合同会社)の創設

ページトップへ

  • 次へ